MRFで資金を無駄なく運用しよう

楽天証券の商品のひとつにMRF(マネー・リザーブ・ファンド)があります。MRFはユーザーがMRFに入金することによって株式や投資信託、外国債券などを買い付け、売却代金や分配金などを出金することができるというシステムになっています。どうして楽天証券のMRFが人気を集めているのかそのポイントについて紹介していきます。

 

安定性がとても高い

楽天証券のMRFの特徴のひとつとして安定性に優れているという点が挙げられます。安定した収益の確保を目指して運用されているわけですので、自分自身で取引を行っていくよりも安定性と流動性に優れており、もちろんプロの手によって行われているわけですので仕事が忙しく、なかなか思うように取引を行うことができないという方にとってもありがたいサービスなのではないでしょうか。

 

資金の無駄が無い運用が可能

楽天証券のMRFは株式の売却代金や買い付け代金などで自動的に買い付け、売却を行うことができます。そのため、無駄のない運用を行うことができ、同時にスムーズな資金の運用を行うことができるようになっています。

 

1円単位からの入出金ができる

楽天証券のMRFの大きな特徴のひとつに1円単位の少額から入出金を行うことができるという点が挙げられます。一般的に取引を行う場合だとそれなりの資金がなくては難しい部分もあるのですが、楽天証券のMRFなら1円から買い付けを行うことができるようになっていますので少額からの資産運用をスタートさせることができるようになっています。

 

まずは口座開設から

楽天証券のMRFを開始するためには口座の開設を行わなくてはなりません。信用取引、先物、オプション取引を利用している方はMRF口座の開設を行うことができないので注意しておきましょう。


このページの先頭へ戻る