楽天証券の海外ETFを利用する3つの魅力

楽天証券は海外ETFの取扱本数がネット証券の中でナンバーワンという実績を持っています。米国ETFはおよそ130本、中国ETFはおよそ40本、シンガポールETFはおよそ60本の合計約230本(2013年10月現在)となっています。

 

どうして海外ETFに注目が集まっているのかというと、5万円から10万円程度の比較的少ない資金でも様々な銘柄に投資することができることや、一般的な投資信託と比較すると保有するコストがとてもやすいということ、さらには今後の成長などを見込んで利用する方が多いということも注目を集めている理由だと言えるでしょう。そこでここでは楽天証券で海外ETFの取引を行う3つの魅力について紹介していきます。

 

保有コストが安い

先程も紹介しましたが、楽天証券で海外ETFの取引を行うと一般的な投資信託と比較して信託報酬が割安となっています。投資信託の場合だと年間2%程度の保有コストがかかってきますが、海外ETFの場合であれば年間1%程度となっていますのでかなり大きな違いが出てくると考えているでしょう。

 

リアルタイムでの売買が可能

楽天証券の海外ETFの取引では株式と同じように価格でリアルタイムで変動するようになっています。そのため、値動きを確認しながら売買のタイミングを計ることができるようになっているので指値注文や成行注文といった発注も可能となっています。

 

投資対象がとても多い

楽天証券の海外ETFは投資対象がとても多いという魅力があります。NYダウ、S&P500など世界的に有名なアメリカのインデックスはもちろんのこと、その他もろもろの海外ETFを楽天証券で取り扱いすることができます。


このページの先頭へ戻る