楽天証券で中国株を取引する3つのメリット

数多くの国々の株式の取引を行っている楽天証券。楽天証券は対応している国が多いだけでなく、それぞれの国の銘柄が多いという点でも高い評価を受けています。では、楽天証券で中国株を取引した場合どのようなメリットがあるでしょうか。ここでは楽天証券で中国株を取引する3つのメリットについて紹介していきます。

 

手数料は国内手数料で!

楽天証券で中国株の取引を行う魅力的な点のひとつに手数料は国内手数料のみで最低手数料は525円から利用することができるという点があります。10万円までであればインターネット取引手数料が525円、10万円から100万円までであれば約定代金の0.525%まで、100万円以上の取引であれば5250円という手数料になっています。

 

もちろん現地手数料はありませんし現地諸費用もかかってきませんので手数料を安く抑えることができるという点では楽天証券が人気を集めているのも納得です。なお電話による取引の場合だとこれらの料金に手数料2100円が加算されますのでインターネットからの取引手続きを行うのが良いでしょう。

 

リアルタイム取引が可能

楽天証券ねの中国株の取引の場合、日本が祝日だったとしても香港証券取引所が開場していればリアルタイムでの取引が可能となります。香港市場の取引時間は日本時間で計算すると10時から10時半までがプレオープニングセッション、10時半から13時までが前場、10時から17時までが後場となっています。

 

投資情報が充実

楽天証券の中国株では非常に多くの投資情報を確認することができるようになっています。楽天証券に口座を持っていれば中国株式の銘柄の株価であったり、チャート、さらには投資情報などをリアルタイムでさらに無料で閲覧することができるようになっています。マーケットに沿うもちろんのことは過去の個別銘柄のレポート、決算スケジュールなど楽天証券で中国株の取引を行うときに必要不可欠な情報はすべて網羅しているといってよいでしょう。


このページの先頭へ戻る