出金方法と出金手数料

インターネットで取引を行うことができる楽天証券ですが、どのような出金方法や出金手数料が必要となってくるのでしょうか。ここでは楽天証券の出金方法と出金手数料について紹介していきます。

 

出金方法の種類

楽天証券で用意されている出金方法は以下のような種類があります。

 

通常出金

楽天証券に登録する際に指定しておいた銀行口座に振り込み指示を行う一般的な出金方法になります。出金スピードは楽天証券の営業日の15時30分までに振り込み指定を行えば翌日に振り込みを行ってくれます。

 

らくらく出金

らくらく出金は「マネーブリッジ」という楽天銀行の口座提携サービスを登録することにより利用することができる出金方法です。原則として、当日のうちに楽天銀行の普通預金口座に振り込みをしてくれます。

 

外貨出金

外貨出金は米ドル、ユーロなど現地通貨のままで出金することができる出金方法になります。

 

投信分配金自動振込み

投信分配金自動振込みは分配金を決済日から5営業実名に自動的に指定した口座に振り込みを行ってくれるという便利なサービスになります。事前に登録を行う必要があります。

 

楽天証券の振り込み手数料

楽天証券では振込手数料は基本的に楽天証券側が負担してくれるため、ユーザーは手数料を支払う必要はありません。ですので、出金手数料無料で利用することができるということでそれを目当てに楽天証券を利用しているという方も珍しくありません。出金の指定をしてから反映されるまではそれぞれの金融機関によって異なります。楽天銀行に口座を開設している人であれば、即時反映となっていますので楽天証券を利用する場合は楽天銀行に口座を開設しておくと何かと便利な場面が増えるでしょう。

楽天証券の出金方法と出金手数料について/ 楽天証券の評判・口コミ関連ページ

売買手数料
NISA口座
クイック入金
キャンペーンについて
おすすめのADR
外貨両替
信用取引について
未成年の口座開設

このページの先頭へ戻る