ADRでの取引をするなら楽天証券がおすすめの理由

ADR(American Depositary Receipt)というのはアメリカの預託証券のことを言います。海外の株を購入しようと思ったら、国内の証券会社を通じて購入するという形になります。

 

というのも、海外の証券というのは現地規制が入るため購入することができないものがたくさんあるからです。最近では日本国内の経済成長に伴う国内の証券の取引も盛んに行われるようになっているのですが、投資家たちの興味というのは海外に向けられることが多くなってきました。これもグローバル社会の一環と考えられていますが、海外の証券を購入する場合はADRを利用するのが一般的となりつつあります。

 

ADRは厳密には株式とは異なる部分があるのですが、株式から生じている経済的権利を含んでいる証券と考えられるため、ほぼ株式と同様の物であると考えて良いでしょう。

 

ではどうしてADRを行うのであれば楽天証券がおすすめなのかというと、楽天証券は他の証券会社よりもADR投資可能な銘柄が非常に多いという点があるからです。それぞれの証券会社によって取り扱っているADRの銘柄は様々なのですが、楽天証券で取り扱っているADRの銘柄はとても多いですし、その分たくさんのチャンスを掴み取ることができるようになっています。

 

もちろん楽天証券のADRの取引は楽天証券がリリースしている取引ツール「マーケットスピード」空の取引が可能になっています。またネット専用証券会社ならではの楽天証券だからこそできるリーズナブルな手数料も実現していますのでADRが気になる方は楽天証券で始めてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る