取引手数料は3つのコースから選ぶことができる!

楽天証券では国内株式の取引手数料を3つのコースから選ぶことができるようになっています。それぞれのコースによって手数料や利用方法が変わってきますので、ユーザーそれぞれに合わせて最もお得な取引手数料を選ぶことができるようになっているので無駄なく取引を進めることができるようになっています。ここでは楽天証券の取引手数料の3つのコースについて紹介していきます。

 

超割コース

超割コースは1回の約定金額に応じて手数料が割引されていくという仕組みになっており、以下の表をご参考下さい。

現物株式取引

約定金額 手数料
10万円まで 139円(150円)
20万円まで 185円(199円)
50万円まで 272円(293円)
100万円まで 487円(525円)
150万円まで 582円(628円)
3,000万円まで 921円(994円)
3,000万円超 973円(1,050円)

 

信用取引手数料

約定金額 手数料
約定金額にかかわらず 360円(388円)

 

楽天証券の超割コースでは取引手数料の1%分をポイントバックしてくれるお得な制度があります。

ポイントバック対象商品

  • 国内株式取引(現物・信用)
  • 投資信託(投信積立含む)
  • 海外株式取引(米国株式、中国株式、アセアン株式)
  • 日経225先物取引(ラージ、ミニ)
  • 日経225オプション
  • 海外先物
  • 金・プラチナ取引

 

ワンショットコース

ワンショットコースは楽天証券で比較的あまり取引回数が多くないという方におすすめのコースになります。1回ごとの約定ごとに手数料がかかってきますが、無駄なく手数料を支払うことができるようになっているため、普段は仕事などであまり取引を行うことができていない方や、他にも証券会社を利用していてたまに楽天証券を利用している方などにおすすめです。

 

1日定額コース

楽天証券の1日定額コースは1日のうちにたくさんの取引を行うという方におすすめです。仕事をしている人で、会社を休むときに1日かけてたっぷりと取引を行っていきたいという方などに取って手数料を無駄にせずに取引できるお得なコースとなっています。


このページの先頭へ戻る